協会概要・会員名簿

会長挨拶

 この度、警備業協会の代表理事に就任しました山陰警備保障の藤田泰央でございます。当協会は、平成24年の法人改革により公益法人から一般社団法人に移行し今日に至っており、警備業発展のため各種の事業を行っております。
 警備業が県民の皆様の信用と信頼を得て、更に生活や社会の中に浸透すれば、社会的に認知され業界に活力が生まれ、その地位も向上するのではないかと思います。
 警備業は安全産業として今日に至っておりますが、警備業を取り巻く労働環境等は大変厳しい現状にあります。
 全国的に未加入が多くを占めていた警備員の社会保険加入が促進するなど処遇の改善が進んでおり、会員各位の努力や関係機関団体の理解と協力もあり、少しずつではありますが、改善の方向にあるようにも感じています。しかし、警備員の処遇はまだまだ改善の余地があります。
 私は警備業を取り巻く環境を整備し、業界の発展に資することが協会に課せられた課題と考えており、微力ながら協会の代表として役員各位の協力のもと努力して参ります。

                                                  平成28年5月

一般社団法人 鳥取県警備業協会
会長 藤田 泰央

概要

名称 一般社団法人 鳥取県警備協会
所在地 〒680-0911
鳥取県鳥取市千代水二丁目8番地 鳥取県交通総合センター2階
電話 0857-30-4399   携帯080-1644-6447
FAX 0857-30-4811
e-mail torikeikyo@beach.ocn.ne.jp
URL http://www.torikeikyo.jp/
代表理事 藤田 泰央
設立 昭和63年2月9日
会員数 39社(平成29年6月1日現在)

沿革

1988年(昭和63年)2月9日 社団法人 鳥取県警備業協会設立
2012年(平成24年)4月1日 一般社団法人 鳥取県警備業協会設立

主な事業

一般社団法人鳥取県警備業協会では、警備員が警備のプロとして社会公共の安全に寄与できるように、次のような事業活動を行っています。

  1. 特別講習受託事業及び事前講習
  2. 犯罪、事故の防止に関する広報啓発及び防災訓練への参加
  3. 機関誌の発行及び広報・情報発信
  4. 警備業務の適正化に関する指導並びに調査研究
  5. 警備員指導教育責任者講習の講師の育成
  6. 警備業務に係る資機材等及び教育関係図書の紹介斡旋
  7. 警備員技能講習受託事業
  8. 地域防災計画等に基づく大規模災害発生時における協力、支援
  9. 警備業に関する功労者等に対する表彰

組織図

各種名簿

アクセス